プロペシアとアボルブ

MENU

プロペシアとアボルブについて

プロペシアと同じように5α還元酵素を阻害し、男性ホルモンのテストステロンがDHTに変わるのを防いでくれる薬剤がアボルブで、イギリスのグラクソ・スミスクライン社が開発しました。

 

現在においてAGA(男性型脱毛症)の治療に使われている医薬品の多くはプロペシアですが、アボルブも同じような効能を秘めているということで2009年に日本でも処方されるようになったのです。

 

「プロペシアとアボルブは一緒なのではないか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。

 

プロペシアがAGAの治療として認可を受けている医薬品なのに対し、アボルブは厚生労働省から認可を得ておらず前立腺肥大症の薬として使われているのです。

 

つまり、薄毛の治療をしていきたいのであれば、アボルブではなく基本的にはプロペシアが処方されるという仕組みになっております。

 

海外では実際に男性型脱毛症の治療としてアボルブが活用されているものの、日本では未だに認められていないので服用したくても医師が許可してくれないのです。

 

行政が認めていない病気に対してアボルブといった医薬品を患者さんに処方し、不測の事態が生じたら全て医師の責任になってしまうため、これは致し方ないのではないでしょうか。

 

このように、抜け毛や薄毛の治療をしていきたいのであれば、アボルブではなくプロペシアの方が有効なので当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂をおすすめします。

 

オオサカ堂では病院で処方されるよりも圧倒的に安い価格でプロペシアを販売しているので、インターネットから注文してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、2006年にはプロペシアとアボルブのどちらがAGAの治療に効果的なのか研究が行われ、その結果が医学誌の「Journal of the American Academy of Dermatology」に掲載されました。

 

服用量に違いが生じていたのできちんと比較はできていないのですが、その結果としてプロペシアよりもアボルブの方が有効だと判明したのです。

 

それでも、アボルブは前立腺肥大症の薬としての活用しか認可されておりませんし、薄毛を治療したいからといって医師が処方してくれることはありません。

 

尿道内圧の上昇を抑えるシロドキシン製剤や、尿流の改善を図るデュタステリド製剤などアボルブには幾つかの種類があるものの、どれも副作用が強いというデメリットがあります。

 

プロペシアと比較して副作用に悩まされやすいのは確実なので、比較的安全なプロペシアを使ってAGAを改善していくべきです。


 

「プロペシアと他の薬」に関するページ