プロペシアとアセトアミノフェン

MENU

プロペシアとアセトアミノフェンについて

アセトアミノフェンとは市販の風邪薬の中に含まれている成分のことを指し、脳の視床下部に働きかけて解熱作用や鎮痛作用を得られます。

 

特に意識していなくても、普段の生活の中で市販の風邪薬を服用するケースは多いですし、知らず知らずの間にアセトアミノフェンを摂取しているかもしれません。

 

プロペシアを使ってAGA治療を行っている男性の中で、「アセトアミノフェンの作用で抜け毛や薄毛の改善効果が薄れるのではないか?」と不安を抱いている方がいらっしゃいます。

 

確かに、この成分に限らず、プロペシアの効果が下がるのではないかと不安になる気持ちは大いに分かるのです。

 

しかし、プロペシアと飲み合わせの悪い薬は特にありませんし、アセトアミノフェンの影響で抜け毛予防効果が大きく下がることは絶対にないでしょう。

 

これは、アセトアミノフェンを含む以下の医薬品全てに該当します。

 

 

  • ロキソニンS:ドラッグストアで販売されている有名な市販薬
  • タイレノールA:武田薬品工業から販売されている第2類医薬品
  • カロナール:病院で処方されることの多い内服薬

 

 

アセトアミノフェン系の解熱剤はインフルエンザの熱を下げる目的でも使用できるほど強力ですが、プロペシアの効果に悪影響を及ぼすことはないのです。

 

安心して毎日服用できるAGA治療薬なので、格安の価格で販売されている個人輸入代行業者のオオサカ堂を利用してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、発生頻度は低いものの、アセトアミノフェンが含まれた風邪薬も医薬品という点では一緒なので、副作用のリスクがあります。

 

吐き気や嘔吐、眠気や食欲不振、下痢や腹痛といった副作用が報告されているので、服用には十分に注意した方が良いかもしれません。

 

重大な副作用としては間質性腎炎や中毒性表皮壊死症が挙げられ、既に持病を抱えている方は念のために医師に相談するべきです。

 

しかし、プロペシアと一緒に服用したからといって、副作用のリスクが高まることは絶対にないでしょう。

 

お互いの成分が作用して身体に悪影響を及ぼすことはなく、安全に2種類の医薬品を服用できます。

 

それでも、同時に服用すると肝臓といった臓器に負担がかかる恐れがあるので、プロペシアとアセトアミノフェンが含まれた風邪薬を同時併用する場合は、服用する時間帯をずらしてください。


 

「プロペシアと他の薬」に関するページ