プロペシアの類似品

MENU

プロペシアの類似品について

薄毛の治療に使われているプロペシアは医薬品扱いで、フィナステリドと呼ばれる成分がこの中には含まれており、5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きを抑えて脱毛ホルモンを作らせにくくしてくれるので抜け毛や薄毛の治療に繋がります。

 

現在ではプロペシアの類似品が多くの製薬会社から販売されており、インターネットを通じて入手可能で、本来のプロペシアよりも圧倒的に安い料金で購入できるのです。

 

プロペシアの類似品と聞くと、「偽物なのではないか」「別の成分が含まれているのではないか」「副作用が強いのではないか」という語弊を招くかもしれません。

 

しかし、エフペシアやフィライド、フィンペシアを中心とする類似品はジェネリック医薬品に分類され、類似品だとしてもプロペシアの中に含まれている成分と全く一緒となっております。

 

大手製薬会社がプロペシアを真似て同じ成分で作ったのが類似品で、後発医薬品ということで開発費用がかからないため、服用者に安い料金で提供できるのです。

 

たとえ他の製薬会社の薬でも、特許が切れれば薬効成分の作用分量を変えないという条件で作れるため、より安い料金で手に入れたいのであればプロペシアの類似品を個人輸入代行業者から購入しましょう。

 

当サイトでご紹介しているオオサカ堂でもこの類似品を取り扱っており、中でもインドの大手製薬会社から販売されているフィンペシアがおすすめです。

 

 

 

 

さて、薬効の開発費用がかかっていないために安く手に入れられるプロペシアの類似品に関しては、様々な意見が飛び交っているのが現状です。

 

「コストパフォーマンスが良いから絶対に利用するべき」「偽物には変わりないから使わない方が良い」という賛否両論の意見で、どれが正解だとは一概には言えません。

 

しかし、安全性や効能を一番に重視するのであれば、プロペシアの類似品には手を出さないのが無難です。

 

仮に同じ成分しか含まれていないとしても、医薬品の製造は私たちが想像しているよりも遥かにデリケートで、製造する環境に大きく左右されます。

 

つまり、製造の際に使用する機械のバランスや精製時間の僅かな差によって品質には差が生じ、全く同じ医薬品を作り出すのは現実的に不可能なのです。

 

同じ製造機械を別の国に移したとしても、同じ品質にするのは難しいと言われているので、本来の効能を得たいのであれば類似品ではなく本物のプロペシアを利用してください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


 

「プロペシアを比較」に関するページ