プロペシアとジェネリック

MENU

プロペシアのジェネリックを通販で購入しよう

プロペシアのジェネリック医薬品は通販で購入でき、元々の価格よりも圧倒的に安いということで高い人気を得ております。

 

医療機関で処方される薬には先発医薬品と後発医薬品の2種類が存在し、後発医薬品の方がジェネリック医薬品となり、有効成分や安全性、効き目や品質といったものは全て同じです。

 

しかし、安全性や有効性が既に証明された後の先発医薬品の特許が切れた後に別の製薬会社が作っているため、医療費を削減できるというメリットがあり、私たちに格安の料金で届けられる仕組みとなっております。

 

プロペシアのジェネリック医薬品としては、「エフペシア」や「フィンペシア」といったものが挙げられ、どれも通販で安いコストで手に入れられるのです。

 

他のページでも記載したものの、もし本来のプロペシアを医療機関で入手するためには、薬の代金だけではなく初診料も支払わなければならず、その価格が10,000円を超えるケースは少なくありません。

 

その点、同一成分のジェネリック医薬品であれば、10分の1程度の費用で通販を利用して購入できるものもあるため、毎月のコストを抑えながらAGA(男性型脱毛症)の治療に取り組むことができます。

 

通販で個人輸入代行業者を利用すればプロペシア自体を安く購入できるものの、長い期間に渡って服用していくことを考えると、ジェネリック医薬品を使用していくのも選択肢の一つというわけです。


プロペシアのジェネリック医薬品の価格について

プロペシアのジェネリック医薬品には、薬を開発するための費用がかかっていないということで、とんでもなく安い価格で手に入れることができます。

 

通常の新薬の場合、開発するためには10年から15年ほどの歳月をかけなければならず、数百億円以上の費用も費やさなければならないのです。

 

その点、ジェネリック医薬品の場合は既に安全性や有効性が確認されているため、少ない費用で開発できる事実はお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

その価格はジェネリック医薬品によって異なるため一概には説明できないものの、当サイトでご紹介しているオオサカ堂であれば以下のようになっております。

 

 

 

 

為替レートによって価格には違いが生じているため、上記の表示と多少はずれる可能性がありますが、基本的にはこのようになっております。

 

正規品のアメリカ版のプロペシアと比較すれば、圧倒的にジェネリック医薬品の方が安いことがお分かり頂けるはずです。

 

特に、フィンペシアやエフペシアは1粒当たり28円、つまり1日当たり28円でAGA(男性型脱毛症)の治療が行えるため、人々から高い支持を得ているのかもしれません。

 

あまり聞いたことの無いような個人代行輸入業者やジェネリック医薬品を購入するのは危険ですが、経済的に抜け毛や薄毛の対策が打てるのは非常にありがたいことです。

 

数ある業者の中でもオオサカ堂は有名ですし、正規品のプロペシアもジェネリック医薬品も両方取り扱っているので、公式サイトをチェックしてみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


プロペシアのジェネリック医薬品の口コミについて

「プロペシアのジェネリック医薬品の効果は薄いのではないか?」という疑問を抱えている方は少なくありません。

 

確かに、いくら同じ成分や同じ効き目があるとしても、医薬品自体の名前が異なるだけで不安になるのは仕方がないので、そのような場合は口コミを参照してみるべきです。

 

実際に、プロペシアのジェネリック医薬品を使用した方の口コミを閲覧すれば、何となく評価について把握できます。

 

下記では、プロペシアのジェネリック医薬品の中でも有名な製品を挙げており、それぞれの口コミを記載しているので参考にしてみてください。

 

 

フィンペシア・・・「きちんと抜け毛を抑えられた」「一粒20円と圧倒的に安いのが良い」「ジェネリックでも安心して使える」「コーティング剤のキリンイエローが身体に悪いみたいだからやめた」

 

エフペシア・・・「小さな錠剤なので飲みやすい」「キリンイエローが入っていないところが良い」「他のジェネリック医薬品よりも高いけれどエフペシアの方が信頼できる」

 

フィナロ・・・「成長が著しい会社の製品なので安心」「他の医薬品と同じように安い」「使って1年間が経って薄毛は徐々に改善された」「月々1,000円で済むのはありがたい」

 

 

>>>フィンペシアはコチラ

 

 

>>>エフペシアはコチラ

 

 

>>>フィナロはコチラ


プロペシアのジェネリック医薬品の購入方法について

プロペシアのジェネリック医薬品で抜け毛や薄毛の改善を図っていきたいと考えていても、医療機関で購入することはできず、インターネットの個人輸入代行業者を利用する形となっております。

 

クリニックによっては取り扱っているところもありますが、保険が適用されないのでプロペシアと同様に高いですし、臨床試験をクリアしていたとしても日本の厚生労働省で認可されていなければ購入できません。

 

その点、上記でも軽く説明したものの、インターネットで個人輸入代行業者を利用すれば、私たちの代わりに海外のメーカーからジェネリック医薬品を仕入れてくれるので、安い価格で手に入れることができます。

 

プロペシアのジェネリック医薬品は幾つも存在しており、業者によって取り扱っている種類には大きな違いが生じているということで、サイトで確認してみるのが無難です。

 

また、個人輸入代行業者から医薬部外品を購入する場合は、「使用量が2ヶ月以内なら購入可能」、処方薬は、「使用量の1ヶ月以内なら購入可能」というように薬事法で定められております。


プロペシアのジェネリック医薬品の副作用について

プロペシアでもジェネリック医薬品でも、錠剤の中に含まれている成分は全く一緒ということで、副作用に関しても基本的には同じとなっております。

 

医薬品の一種なので副作用が絶対にないとは言い切れず、プロペシアで生じる副作用がそのままジェネリック医薬品でも生じやすいという仕組みです。

 

胃部不快感や性欲減退、肝機能障害といった副作用が取り上げられており、発症率は5%未満だとしても、プロペシアでもジェネリック医薬品でも同じリスクがあることを頭に入れておきましょう。

 

このような説明を受けていると、プロペシアを服用するのではなくジェネリック医薬品の方が圧倒的にメリットがあるのではないかと考える方はいらっしゃるはずです。

 

しかし、ジェネリック医薬品に関しては賛否両論の意見があり、同じ成分で同じ分量を使用していたとしても、使っている機械のバランスや精製時間の差によって薬の品質には大きな違いが出ます。

 

別の場所で同じ医薬品を作るのは無理だと回答している専門家の方はいらっしゃいますし、成分の配合量や製法が一緒だとしても内包する錠剤には違いが生じているのです。

 

細かいテストが重ねられているので、人体に悪影響のあるジェネリック医薬品を出すようなメーカーは存在しませんが、幾つかのデメリットも心得ておいた方が良いかもしれません。

 

オオサカ堂ではどちらの製品も販売されているので、自分の中できちんと結論を出してから購入するようにしてください。


 

「プロペシアを比較」に関するページ