ボトルタイプのプロペシア

MENU

ボトルタイプのプロペシアについて

プロペシアはどのクリニックや個人輸入代行業者で手に入れたとしても全て錠剤となっており、ドリンクとして販売されていることは絶対にありません。

 

しかし、プロペシアの入っているケースには違いが生じており、一粒ずつシートの中に入っているタイプと、ボトルタイプの2種類に分けられております。

 

ボトルタイプは一つのケースの中に錠剤が全て裸になって入っており、病院で処方してもらう際は自分でお好きな方を選ぶという仕組みです。

 

抜け毛や薄毛の改善に繋がるプロペシアということには変わりないものの、シートタイプよりも多少はボトルタイプの方が安くなっております。

 

しかも、持ち運びの際に嵩張らないというメリットがあり、自宅だけではなく外出先で忘れないように服用できるのもコンパクトボトルの利点の一つなのではないでしょうか。

 

ただし、旅行先もプロペシアによる治療を続けたいということで持ち運び、失くした場合は全ての錠剤が無駄になるというデメリットも頭に入れておく必要があります。

 

ボトルタイプでもそこそこ大きなケースの中に入っているため、カバンの中から落ちて失くすことは少ないものの、1粒当たり250円程度かかる高価なものなので持ち運ぶ際は慎重に取り扱わなければならないのです。

 

当サイトでご紹介しているオオサカ堂でもボトルタイプのプロペシアは販売されているものの、価格の安いアメリカ製ではなく高めに設定されているイギリス製しかありません。

 

ボトルタイプに含まれている量は30粒で28粒のシートタイプよりも増えておりますが、1粒当たりの費用が高くなってしまうので5,500円のアメリカ製のプロペシアを購入するようにしてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、プロペシアの入手に関してはシートタイプでもボトルタイプでも、インターネットで個人輸入代行業者を利用する方が遥かにお得となっております。

 

病院で日本製のプロペシアを手に入れた方が安心するという方はいらっしゃいますし、そのような人を否定するつもりはないです。

 

しかし、日本製でもアメリカ製でもプロペシアということには変わりないですし、病院で処方されるよりも遥かに安い料金で入手できます。

 

しかも、わざわざ病院へ足を運ばなければならない煩わしさや、薄毛治療を続けているという恥ずかしさから開放されるのもメリットの一つなのではないでしょうか。


 

「プロペシアを比較」に関するページ