プロペシアとニキビ

MENU

プロペシアとニキビについて

プロペシアを服用してから肌の状態が悪くなり、ニキビや湿疹が引き起こされたという方はいらっしゃいます。

 

内服薬なので皮膚トラブルが引き起こされる確率は外用薬と比べれば低いものの、それでもニキビや湿疹は副作用の一つということで、肌に生じる可能性があると心得ておくべきです。

 

特に、育毛剤を使用している方はニキビといった肌トラブルに悩まされやすく、乾燥肌や敏感肌の方は少しでも刺激のある成分が付着することによって異常が生じます。

 

頭皮も手足と同じ皮膚の一種ですし、どちらかと言うとデリケートな部位ということでニキビや湿疹が酷くなったとしても不思議ではありません。

 

しかし、内服薬のプロペシアは基本的に皮脂の分泌量を減らす効果があるので、ニキビができるケースは少ないようです。

 

プロペシアの添付文書の中には、発疹や蕁麻疹といった肌トラブルの副作用が引き起こされる可能性があると記載されているものの、頭皮が脂っぽくなるわけではないので、その可能性は限りなく低いと説明できます。

 

実際に、プロペシアは敏感肌という体質の方でも服用できますし、抜け毛の進行を食い止めて薄毛の治療に役立てることができるので、このサイトでご紹介しているオオサカ堂から安い料金で購入してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、男性用の発毛剤として大正製薬から販売されているリアップが有名で、薄毛の治療のために使用している方は多いのではないでしょうか。

 

プロペシアとは違ってリアップは肌に直接塗布するタイプの育毛剤となっており、抜け毛を予防して髪の毛の育成を促してくれるのです。

 

数々の臨床実験で抜け毛の予防に適しているというデータが出ているものの、一方で頭皮の発赤やかぶれ、フケやニキビといった副作用が報告されているので使用の際には注意が必要となります。

 

肌質が弱い方は頭皮のトラブルも同じように引き起こされやすいかもしれないので、外用薬を使用する前に専門の医師に相談しておいた方が良いかもしれません。

 

プロペシアだけ服用しているのにも関わらず、頭皮のニキビが酷くなるという方は、普段から使用しているシャンプーに原因が潜んでおります。

 

生活習慣の乱れによるターンオーバーの乱れも十分に考えられますが、市販で販売されているシャンプーの中の石油系界面活性剤が刺激を与えている可能性が実に高いのです。

 

そこで、オオサカ堂から販売されているニゾラルシャンプーを使用すれば、抗真菌剤ケトコナゾールの力で頭皮を正常に保ちながら育毛効果も同時に得られるので、是非購入してみてください。

 

 

 

 


 

「プロペシアの副作用」に関するページ