頭皮や皮膚のかゆみはプロペシアの副作用?

MENU

頭皮や皮膚のかゆみはプロペシアの副作用なの?

頭皮や皮膚のかゆみはプロペシアの副作用なの?

リアップやロゲインといったミノキシジル系の育毛剤を使用した場合、皮膚のかゆみやかぶれといった症状が引き起こされることがあります。

 

ミノキシジルは血管拡張作用で高い発毛効果が期待できる代わりに、医薬品成分に分類されていますので肌に合わないケースも少なくありません。

 

一方で内服薬のプロペシアでは、頭皮や皮膚のかゆみが生じる可能性はかなり低いですね。

 

外用薬のミノキシジルには血管を広げる作用がありますので、その影響で血行が促進されてかゆみが引き起こされるという仕組みです。

 

プロペシアでもその傾向は少なからずあるものの、皮膚のかゆみで耐えられないというケースで悩む男性は少ないと言っても良いでしょう。

 

それでも、プロペシアの副作用としてかゆみや蕁麻疹といった皮膚トラブルは報告されていて、考えられる理由を幾つか挙げてみました。

 

  • 個人の体質でプロペシアの成分のフィナステリドが合わなかった
  • 不規則な生活で肌のバリア機能が正常な状態よりも衰えていた

 

特に、乾燥肌や敏感肌という方が服用すると、頭皮も皮膚の一種ということでかゆみを中心とするトラブルに悩まされやすくなります。

 

発症の割合はプロペシアを服用した方の数%だと言われておりますが、かゆみ以外の副作用で悩まされることはありますし、医薬品である以上リスクが存在することをきちんと頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

とは言え、プロペシアの1日に1mgまでという限度量を守って服用していれば、頭皮のかゆみや性欲減退といった副作用のリスクなくAGAの治療ができますよ。

 

現在では病院やクリニックを受診するのではなく、個人輸入代行サイトのオオサカ堂で海外で販売されているプロペシアを簡単に入手できるようになりました。

 

病院で処方されるよりも安い金額で手に入れることができますし、何よりも気軽にAGA(男性型脱毛症)の治療を始めることができますので、是非一度オオサカ堂を利用してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


フケを伴うかゆみは脂漏性湿疹の可能性あり!

プロペシアではなく液体系の育毛剤を使って皮膚のかゆみといったトラブルが生じた場合は、自分の肌質と合っていない可能性が高いため、直ちに使用を中止した方が良いでしょう。

 

そのまま使用し続けてもかゆみが止まるとは限りませんし、かぶれや発疹といった酷い状態になることも十分にあり得るのです。

 

また、フケを伴うかゆみで悩まされている方はミノキシジルなどの育毛剤が原因ではなく、脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)の可能性があります。

 

乳児や高齢者の方が脂漏性湿疹を引き起こしやすく、フケといった付着物を伴う湿疹が主な症状で、適切な処置を施さないと慢性化したり再発を繰り返したりするのが特徴ですね。

 

このような症状が繰り返す方は、普段から使用しているシャンプーに原因が潜んでいるため、オオサカ堂から販売されているニゾラルシャンプーを使ってみましょう。

 

ニゾラルシャンプーはかゆみや脂漏性皮膚炎の治療に用いられているシャンプーで、AGAの原因のDHT(ジヒドロテストステロン)を阻害する効果も持ち合わせています。

 

もちろん、あまりにも頭皮や皮膚のかゆみの症状が酷いのであれば、自己判断に任せるのではなく皮膚科を受診して医師に診てもらうべきです。

 

ステロイド無しで副作用のリスクの低いポケムヒS、ステロイド配合のマキロンパッチエースやウナコーワαといった市販薬を使うのも選択肢の一つですので、お近くの薬局やドラッグストアで探してみてください。

 

 

>>> ニゾラルシャンプーの詳細はこちら

 

 


 

「プロペシアの副作用」に関するページ