プロペシアと蕁麻疹

MENU

プロペシアと蕁麻疹について

男性型脱毛症の治療に使われているプロペシアは日本でも承認されており、「効果」と「維持」の面から考えると、後者の方に重点を置いているものの、抜け毛を抑えて薄毛の進行を食い止められるのは事実です。

 

しかし、プロペシアは医薬品なので副作用のリスクがあり、強い痒みを伴ったり赤みがかったみみず腫れが生じたりという蕁麻疹がその一つとなっております。

 

頻度は不明で個人の体質によって異なるものの、蕁麻疹だけではなく顔に炎症が生じる顔面腫脹や、唇が腫れ上がる口唇腫脹といった皮膚に関する副作用が生じるとプロペシアの添付文書に記載されておりました。

 

どのような薬でもアレルギー反応が生じることはあり、含まれている成分の中にアレルゲンが潜んでいたのであれば蕁麻疹の症状が酷くなったとしても不思議ではないのです。

 

可能性として考えられているだけで、プロペシアを服用した全ての人が蕁麻疹や発疹といった皮膚に関する症状を引き起こすわけではありません。

 

それでも、プロペシアの服用で蕁麻疹が生じ、その他に原因が考えられないのであればこの医薬品が体質と合っていないことになるため、使用を中止した方が良いと説明できます。

 

薄毛を引き起こすAGAの治療は何もプロペシアの服用だけではありませんし、リアップやロゲインといった外用ミノキシジルも日本皮膚科学会で推奨されている方法の一つなのです。

 

副作用のリスクが少ないとしても、実際に服用して不快な症状があらわれてしまったのであれば、そのまま使い続けても自分の身体を苦しめるだけとなります。

 

蕁麻疹の治療はアレルゲンとの接触をできる限り避けるだけではなく、元となっているヒスタミンを抑えなければならないので、病院で医薬品を処方してもらうようにしましょう。

 

その際に今まで服用していたプロペシアを飲み始めてから症状が悪化したと、恥ずかしがらずに医師に伝えることが症状の改善への第一歩です。

 

また、プロペシアの中にアレルゲンとなる成分が含まれているかどうか判断するのは素人では困難なので、未然に蕁麻疹といった副作用を予防したい方は、医師の処方によって手に入れるようにしてください。


 

「プロペシアの副作用」に関するページ