プロペシアと不安障害

MENU

プロペシアと不安障害について

プロペシアの服用によって不安障害を患ったという男性は意外と多く、これは副作用の一種かもしれません。

 

不安や心配、恐怖といった感情が行き過ぎた状態となり、コントロールができなくなって苦痛を感じることを不安障害と呼びます。

 

うつ病や自律神経失調症を患っている人ほど不安障害に陥りやすく、精神的に不安定な状態になって日常生活に支障を及ぼすことも多いはずです。

 

プロペシアの添付文書には副作用の項目の中にうつ病が入っており、精神的な症状で悩まされることがあると表記されておりました。

 

そのため、副作用として不安障害が引き起こされたとしても不思議ではありませんし、AGA治療としてプロペシアを用いるのならば心のケアも同時に行う必要があります。

 

なぜうつ病に繋がるのか完全には解明されていないものの、プロペシアの服用によって抜け毛を引き起こす男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)だけではなく、アロプレグナノロンやアンドロステンジオールといったニューロステロイドも同時に減少するからかもしれません。

 

気分を安定化させるのに重要な役割を担っているのがニューロステロイドで、この物質が減少することで不安障害を引き起こしやすくなるというメカニズムです。

 

このように聞くと、「プロペシアは危険な医薬品なのではないか?」と考える男性は少なからずいらっしゃいます。

 

しかし、AGAの治療薬として厚生労働省やFDAから認可されている数少ない内服薬ですし、副作用の発症率自体は1%程度と非常に低いのです。

 

用法や用量を守って服用していれば不快な症状を引き起こすことなくAGAの治療に繋げられるので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂でプロペシアを購入してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、プロペシアの服用によって不安障害が引き起こされるのは、性欲減退や勃起不全など男性機能の低下で悩まされやすいのも少なからず関係しているはずです。

 

30代40代と年齢を重ねるにつれて自然と男性機能は低下していき、プロペシアの副作用も合わさって加速する可能性は十分にあります。

 

「このまま結婚できないのではないか?」「子供を作る能力が無くなるのではないか?」「男性としての威厳を保てないのではないか?」と行き過ぎた不安や心配を抱え、結果的に不安障害を患ってしまうのです。

 

確かに、プロペシアは男性ホルモンに少なからず影響を与える内服薬なので、服用期間が長ければ長いほど男性機能に支障が生じるかもしれません。

 

それでも、バイアグラやレビトラ、シアリスといったEDの治療薬は登場しておりますし、10代の頃と比較して大事な部分の元気がなくなるのは普通の現象なのです。

 

あまりにも不安を抱えているとストレスが溜まり、うつ病へと発展するかもしれないので十分に注意してください。


 

「プロペシアの副作用」に関するページ