タバコを吸うとプロペシアの効果が下がるの?

MENU

タバコを吸うとプロペシアの効果が下がるの?

私たちの身近にある嗜好品の一つがタバコで、禁煙運動が広がって喫煙者が減っている現代でも、毎日吸っているという男性は少なからずいらっしゃいます。

 

このタバコによってAGA治療薬のプロペシアの効果が下がるという意見が出回っており、「やめた方が良いのだろうか・・・」という疑問が浮かぶはずです。

 

恐らく、タバコを吸うとプロペシアの効果が薄くなるのは、喫煙によって薄毛の原因を作るはめとなるからではないでしょうか。

 

タバコが抜け毛や薄毛の原因となるのは、以下のような理由があるからです。

 

 

・含まれている化学物質のニコチンが血管を収縮させて血液の循環が悪くなる

・栄養が運ばれなくなった髪の毛が増えて弱くなったり細くなったりする

・抜け毛の根本的な原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の量が増える

・タバコを吸った直後は体温低下が持続して毛根に十分な栄養が行き渡りにくくなる

 

 

上記のような理由で、タバコは髪の毛に良くないと考えられております。

 

特に、「DHTの量が増える」というのが大きな問題で、アメリカのハーバード大学で実施された調査結果によると、喫煙者は非喫煙者と比べてDHTの分泌量が13%も多いことが分かりました。

 

つまり、高い費用を支払って毎日プロペシアを服用してAGA治療を行っていたとしても、タバコを吸ってDHTの量を増やしていては全く意味がないというわけです。

 

喫煙がAGAの原因になるわけではありませんが、髪の毛にとって良い存在だとは100%言い切れないので、プロペシアの効果を少しでも実感したいのならば早めに禁煙を始めてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、実際のところはタバコと薄毛に関するはっきりとした因果関係は分かっておりません。

 

タバコを確実に1日に1箱以上吸うヘビースモーカーでも、フサフサの髪の毛を維持している男性はいらっしゃいます。

 

そのため、「タバコは毛髪の天敵だ」「薄毛を引き起こす危険因子だ」と言い切ることはできないのです。

 

それでも、プロペシアもAGAによる薄毛に効く特効薬というわけではありませんし、このまま吸い続けていれば確実にハゲる確率はアップします。

 

特に、既にAGAを発症して薄毛が進行している男性は、なるべく早めの年齢から禁煙を始めた方が良いでしょう。

 

仮に薄毛と直接的な因果関係がなかったとしても、ニコチンやタールといった化学物質がたっぷりと含まれており、健康を損ねるのは紛れもない事実です。

 

身体に良い作用を引き起こすことは確実にないと、頭に入れておいてください。


 

「プロペシアのFAQ」に関するページ