手遅れのAGAでもプロペシアは効果があるの?

MENU

手遅れのAGAでもプロペシアは効果があるの?

「手遅れのAGAでもプロペシアは効果があるのか?」という疑問を抱えている男性はいらっしゃいます。

 

確かに、ハゲが進行して頭頂部や生え際の地肌が見えるような状態で、プロペシアを服用してフサフサにできるのかどうか気になるはずです。

 

基本的にAGA治療に手遅れはなく、専門のクリニックを受診すれば個人の薄毛の進行状態に応じて最適な治療法を提供してくれます。

 

しかし、毛包が頭皮に残されていれば発毛できるものの、薄毛になってからある程度の期間が経過し、毛包自体がなくなってしまったという方はプロペシアを飲んでも意味がありません。

 

「プロペシアでフサフサの髪の毛を手に入れられる」と考えている方はいらっしゃいますが、10年間以上に渡ってツルツルの状態から服用したとしても、若い頃の状態まで戻すのは限りなく不可能に近いと心得ておくべきです。

 

どの程度の毛髪の回復を目指すかによって手遅れの定義は異なるものの、早めにプロペシアを服用してAGAの対策を行った方が良いのは間違いないでしょう。

 

AGAが原因の薄毛はヘアサイクルの乱れによって成長期の髪の毛が少なくなり、短い毛や細い毛が頭皮に多くなることで視覚的に薄く見えます。

 

それでも、細いながらも髪の毛が生えていれば毛包は頭皮に残されていることになるので、プロペシアによる改善効果は期待できるというわけです。

 

手遅れの状態になってからプロペシアを服用するのと、早めに予防として服用するのとでは得られる効果が異なるので、薄毛が気になりだした段階で個人輸入代行業者を利用して手に入れてみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、手遅れの状態でプロペシアを服用しても大きな改善効果は期待できないものの、全てのAGA治療が無駄というわけではありません。

 

プロペシアが薄毛治療の全てというわけではなく、専門のクリニックでは成長因子やグロスファクターを直接注入するHARG療法や、自分の髪の毛を薄い場所へと移植する自毛植毛といった治療が取り入れられております。

 

ただ医薬品を服用するよりも大きな効果を得られますし、できる限り短期間で発毛を実感したいという人に最適なのです。

 

このように、現代では様々なAGA治療が開発されているので、どんな状態でも手遅れと諦める必要はありませんが、若い年齢から処置を施した方が発毛効果が高くなるというデータが出ております。

 

年齢が若ければ薄毛はそこまで酷く進行していないはずなので、「早めの段階でAGA治療に取り組む」というのは理に適っているのです。

 

20代や30代で薄毛治療に取り組むこと自体が恥ずかしいという気持ちは十分に分かるものの、将来的に少しでも多くの毛髪を残したいのであれば躊躇わずに治療を始めてください。


 

「プロペシアのFAQ」に関するページ