プロペシアはいつ卒業すれば良いの?

MENU

プロペシアはいつ卒業すれば良いの?

AGA治療薬のプロペシアはいつ卒業すれば良いのか、疑問を抱えている男性は非常に多いかもしれません。

 

 

  • 一生飲み続けなければならないのか?
  • 60歳まで飲み続けなければならないのか?
  • このままプロペシアを卒業できないのではないか?
  • 断薬するタイミングが全く分からない

 

 

このような悩みを抱えている方は多く、安全な内服薬とも言えど少なからず副作用があるので気になります。

 

しかし、プロペシアの服用を卒業するかどうかは個人の判断に委ねられており、一概に決められているわけではないのです。

 

そもそも、AGAによる抜け毛や薄毛は命の危険に関わる病気ではなく、自分が気にならないのならば無理に治療する必要はありません。

 

「ハゲていても自分は60代だから普通」「薄毛を気にするような神経質な人間ではない」「ハゲでもお金を持っているし奥さんも子供もいて幸せだから何も問題ない」という男性はプロペシアを飲まなくても良いのです。

 

とは言え、これ以上薄毛を進行させたくないと考えている方には必要な内服薬で、卒業する時期に関しては自分で決める形となります。

 

飲んでいる間しか男性ホルモンの抑制効果は得られないので、「死ぬまで薄毛で悩まされたくない」という男性は飲み続けるべきです。

 

薬の処方料金が高いので金銭的な負担は大きいものの、当サイトでご紹介しているオオサカ堂ならば格安の価格でプロペシアを購入できるので是非一度利用してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、プロペシアはあくまでもAGAによる抜け毛の発生を抑える内服薬なので、この服用だけではハゲを卒業するのは少々難しいかもしれません。

 

薄毛の予防効果はあっても発毛効果には乏しいので、ハゲの卒業にはクリニックでの治療も欠かせない方法となっています。

 

近年では抜け毛や薄毛で悩む男性のために専門のAGAクリニックが登場しており、どの年齢の男性も気軽に治療を受けられるようになりました。

 

プロペシア以外にもオリジナルタブレットやオリジナルリキッドで処置を施せるので、症状が加速している男性は受診してみるべきです。

 

薬物療法以外にも、頭皮へと薬剤を直接的に注入する薄毛治療も実施されています。

 

ダーマローラーや超音波といった方法を使い、成長因子やミノキシジルを注入して発毛効果を得られるのです。

 

プロペシアの服用だけがAGA治療の全てというわけではないので、様々な角度からフサフサのヘアスタイルを維持するためにも自分に合った方法を探してみてください。


 

「プロペシアのFAQ」に関するページ