プロペシアは脂漏性皮膚炎による脱毛に効く?

MENU

プロペシアは脂漏性皮膚炎による脱毛に効くの?

プロペシアは脂漏性皮膚炎による脱毛に効くの?

頭皮に脂漏性皮膚炎を発症し、抜け毛が増えたり脱毛したりといった症状で悩んでいる方は少なくありません。

 

そもそも、脂漏性皮膚炎は皮膚が荒れてカサついてかゆくなったり赤くなったりする症状を指し、頭皮や耳の後ろなど皮脂腺が集まる場所に引き起こされやすいのが特徴ですね。

 

脂漏性皮膚炎から脱毛が始まるケースも多く、抜け毛や薄毛など髪の毛のトラブルに繋がるメカニズムについて見ていきましょう。

 

  • @脂漏性皮膚炎を発症すると皮脂の分泌が増え、かゆくなったりベタベタしたりする
  • Aカビの一種の真菌が繁殖して頭皮全体に炎症が引き起こされやすくなる
  • B頭皮の新陳代謝が悪くなって皮膚の生まれ変わりのターンオーバーが崩れる
  • Cヘアサイクルが乱れて頭皮が固くなり、抜け毛が増えて薄毛が進行する

 

「ただ頭皮が赤くなっているだけ」と甘く見ている方は多いものの、次第に症状が進行しやすいので注意しなければなりません。

 

この脂漏性皮膚炎による脱毛に内服薬のプロペシアが効くのかどうか、疑問を抱えている男性はいました。

 

確かに、プロペシアは抜け毛の抑制を図る医薬品ですので、どんな抜け毛や薄毛にも効き目がありそうな気がしますよね。

 

しかし、結論から言うとプロペシアは脂漏性皮膚炎による脱毛に全く効果がなく、症状を食い止めることはできないと頭に入れておくべきです。

 

「薄毛の症状が出たらプロペシアを飲めば良い」という考え方は間違っていますよ。


プロペシアは脂漏性皮膚炎ではなくAGAの治療薬!

プロペシアの服用で脂漏性皮膚炎による脱毛を抑えられないのは、AGAの治療薬なのが大きな理由です。

 

脂漏性皮膚炎による脱毛とAGAによる抜け毛に、どんな違いがあるのか以下ではまとめてみました。

 

  • 脂漏性皮膚炎による脱毛は頭皮へと過剰に分泌された皮脂が原因
  • AGAによる脱毛はヘアサイクルを狂わせる悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が原因

 

抜け毛が増えて薄毛が進行する点では一緒でも、引き起こされる原因には大きな違いがあります。

 

プロペシアは男性ホルモンのテストステロンを悪玉のDHTへと変える酵素の5αリダクターゼを阻害する内服薬ですので、脂漏性皮膚炎による脱毛に使っても全く意味はありません。

 

頭皮が赤くなったりかゆくなったりしている男性はAGAではなく脂漏性皮膚炎の可能性が高いため、闇雲にプロペシアを服用すれば良いという単純な話ではないのです。


脂漏性皮膚炎による脱毛の効果的な対策をチェック!

以下では、脂漏性皮膚炎による脱毛の効果的な対策方法を幾つか挙げてみました。

 

プロペシアの服用では抜け毛にも頭皮の炎症にも全く意味がないので、具体的に行うべき対処の方法をチェックしておきましょう。

 

  • 頭皮のかゆみが酷い場合は、免疫を抑制して炎症を抑える作用を持つステロイド剤や、かゆみの原因物質を抑える抗ヒスタミン剤を服用する
  • カビの一種である真菌を抑制できるケトコナゾールが含まれたシャンプーを使い、頭皮を清潔な状態でキープする努力を行う
  • 脂っこい食事ばかり食べていると皮脂の分泌が過剰に増えやすいため、野菜類や魚類などバランスの良い食生活を心掛ける
  • 1日の終わりにヘアワックスやジェルを丁寧に落として綺麗な頭皮を保つ

 

抜け毛自体を抑えるのではなく、まずは脂漏性皮膚炎の症状を和らげるケアを毎日の生活に取り入れるのがポイントですね。


AGAによる抜け毛には内服薬のプロペシアが効果的!

AGAが原因で抜け毛が増えて頭頂部や前頭部の薄毛を引き起こしているのにも関わらず、抗ヒスタミン薬を服用したりケトコナゾールを含むシャンプーを使っていたりしても意味がありません。

 

これはあくまでも脂漏性皮膚炎の症状を緩和する目的で使うため、AGAによる抜け毛には内服薬のプロペシアが実に効果的です。

 

プロペシアはAGAの治療薬として医学的な効果を持つと臨床試験で確かな結果を残していますので、日本だけではなく全世界の男性が飲むようになりました。

 

個人輸入代行サイトのオオサカ堂では格安の料金でプロペシアが販売されていますので、AGAによる抜け毛を治療するために是非一度試してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


 

「プロペシアのFAQ」に関するページ