ファイザーとプロペシアの効果の違いは?

MENU

ファイザーとプロペシアの効果の違いは?共通点はある?

ファイザーはアメリカに本社を置く製薬会社で、スニチニブリンゴ酸塩やデクスメデトミジン塩酸塩など様々な新薬の開発と携わっています。

 

このファイザーはプロペシアのジェネリック医薬品の製造販売承認を取得し、フィナステリド錠が登場しました。

 

プロペシアとの共通点はAGAに効き目のある有効成分のフィナステリドが含まれている点です。

 

 

@フィナステリドはアメリカのメルク社が前立腺肥大症の治療薬として申請した

A男性の体内に入ることで還元酵素の5αリダクターゼを阻害できる

B男性ホルモンのテストステロンが悪玉のDHTに変わるのを未然に防ぐ

CDHTが作られにくくなればヘアサイクルの乱れを予防できるので抜け毛や薄毛の改善に繋がる

 

 

このようなメカニズムになっており、薄毛で悩む男性にとっての特効薬なのは間違いありません。

 

それでは、プロペシアとファイザーにどのような違いがあるのか疑問を抱えている男性は多いのではないでしょうか。

 

異なるのはジェネリック(後発医薬品)という点で、別の会社が製造しているかどうかです。

 

つまり、正規品のプロペシアはメルク社が作っており、ファイザーのフィナステリド錠はファイザー社が開発しています。

 

フィナステリドが含まれているので作用機序に関しては一緒ですし、コーティング剤や製造場所が違うだけでどちらでもAGAの治療に繋げられるのです。

 

パッケージの大きさも微妙に異なりますが、目に見えるほど大きな違いはないでしょう。


プロペシアではなくファイザーを購入するメリットは?

作用機序が一緒であればプロペシアではなく、ファイザーを購入するメリットがないのではないかと疑問を抱えている方はいます。

 

しかし、ファイザーはジェネリック医薬品なので、プロペシアよりも安い価格で入手できるのです。

 

ファイザーを日本の医療機関で処方してもらうに当たり、どの程度の費用がかかるのかまとめてみました。

 

 

池袋スカイクリニック:4,400円

新宿ウエストクリニック:4,500円

イースト駅前クリニック:4,800円

浜松町第一クリニック:4,900円

AGAルネッサンスクリニック:6,000円

AGAスキンクリニック:6,000円

 

 

通常のプロペシアを購入するよりも数千円も安く、AGA治療にかかる金銭的な負担を抑えられます。

 

現在ではフィンペシアやエフペシアよりもファイザーの方がプロペシアのジェネリックとして高い評価を得ており、複数の医療機関で処方されている大きな理由です。

 

性欲減退や勃起不全といった副作用が引き起こされる点でも一緒で、「○○の方が効果が高い」と決め付けることはできません。

 

1ヶ月で1,000円でも違えば1年間で12,000円とそれなりに大きな金額になり、AGA治療は継続して行わなければならないからこそプロペシアではなくファイザーのフィナステリド錠を選択する男性が増えています。

 

これまでにトラブルは特に発生していませんし、順調にシェアを伸ばしているのは事実です。


オオサカ堂であればプロペシアでも安い!

少しでもジェネリック医薬品の服用に対して懸念がある方は、正規品のプロペシアを使ってAGA治療を進めていくのが良いかもしれません。

 

当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂であれば、AGA専門クリニックとは違って遥かに安い価格でプロペシアを購入できます。

 

円安なのか円高なのかによって変わるので一概には説明できないものの、2016年の10月現在では1ヵ月分が4,870円で販売されていました。

 

ファイザーを医療機関で処方してもらうのと変わりませんし、誰にも知られずにAGA治療を進められるのもメリットの一つです。

 

プロペシア以外のヘアケア用品も数多く取り扱っているので、オオサカ堂の公式ホームページで欲しい商品を探してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


 

「プロペシアのFAQ」に関するページ