プロペシアの効果のピークは?

MENU

プロペシアの効果のピークはどのくらいなの?

プロペシアは飲み続ければ効果が得られ続けるような医薬品ではなくピークは存在し、そのピークを過ぎると効果は緩やかに安定していきます。

 

個人の体質によってプロペシアの服用で得られる効果には違いがあるものの、0.2mgでは約1年後、1.0mgでは約2年後から3年後にピークに達するのです。

 

ピークに達した後に衰えてまた抜け毛が増えるというわけではなく、内服を継続していれば髪の毛のボリュームが増えた今の状態を維持できますし、DHTが原因のAGA(男性型脱毛症)の症状を抑えてくれます。

 

実際にプロペシアの服用を続けた方の多くが現状を回復できているものの、飲み続けるほど髪の毛が増えるような夢の薬ではないということを頭に入れておかなければなりません。

 

効果のピークに達する前に変化がないからといって服用をやめてしまうと、抜け毛の本数は以前と同じ状態になってしまいますし、AGA(男性型脱毛症)は進行性の病気ということで薄毛は酷くなっていきます。

 

そのため、プロペシアの服用に限った話ではなく、薄毛の治療には根気が必要で、短期間で変化が得られなくても諦めずに続けていかなければならないのです。

 

病院での処方は時間と手間がかかるということで続けにくいのですが、このサイトでご紹介しているオオサカ堂であればインターネットからプロペシアを注文することができます。

 

1ヶ月当たり約5,500円と、どの個人輸入代行業者と比較しても安い価格で販売されておりますし、最短で3日で届くのもありがたいので是非オオサカ堂を利用してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、一定期間が過ぎればピークに達するということで、「プロペシアは一生飲み続けなければならないの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

これは個人の判断によって決めるのがベストで、絶対に飲み続けなければならないわけではないのです。

 

例えば、30代や40代という若い年齢でハゲが引き起こされていて恥ずかしいと感じる方でも、60代を過ぎれば歳相応となるので薄毛を気にしなくなるかもしれません。

 

もちろん、死ぬまで薄毛の進行を食い止めてフサフサの髪の毛を維持したいという願いを持っているのであれば、プロペシアの効果のピークが過ぎても服用する必要があります。

 

しかし、「今の年齢まで薄毛を食い止められたから悔いはない」というのであれば、服用をやめても特に問題はないのです。

 

プロペシアの服用をやめた途端、一気に脱毛が進行して薄毛が酷くなることは絶対にあり得ないので心配しないでください。


 

「プロペシアのFAQ」に関するページ