プロペシアとレーザー治療の違いは?

MENU

プロペシアとレーザー治療の違いは何?

AGA(男性型脱毛症)の治療としてプロペシアの服用だけではなく、レーザー治療を受ける方はいらっしゃいます。

 

プロペシアとレーザー治療の大きな違いは、自宅で処置を施せるかクリニックで施術を受けるかということで、2つの方法を同時に行っている方も多いはずです。

 

AGA専門クリニックの多くはレーザー治療を採用しており、外国で広まった後に日本でも認知され、施術を受ける方は徐々に増え始めました。

 

人体に熱を発生させて皮膚や臓器の切開に用いるホットレーザーではなく、育毛治療には組織の活性化や再生を促すコールドレーザーが使用されます。

 

人体に悪影響のないコールドレーザー(低出力レーザー)を頭皮に当て、血行促進や毛母細胞を活性化させて発毛を促進させることができ、短期間で効果があらわれるのが大きな特徴です。

 

時間をかけてゆっくりと抜け毛の量を減らしAGA(男性型脱毛症)の治療を行っていくプロペシアの服用と、大きく異なることがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

基本的にレーザー治療は1回の施術で完了というわけではなく、クリニックに数回の通院をして受ける必要があり、同時にプロペシアを服用していれば抜け毛を抑えられるのでより高い効果が得られます。

 

しかし、プロペシアと同じようにレーザーの使用も保険外治療となっており、クリニックによって異なるものの1回当たり4万円から5万円といった費用がかかるので、結果的に高額になりやすいことを頭に入れておくべきです。

 

傷跡といった後遺症が残るような治療ではありませんが、レーザー治療でAGA(男性型脱毛症)を改善していくに当たってクリニック選びが最も重要かもしれません。

 

施術を受けるクリニックによって得られる効果や仕上がりには大きな違いが生じるので、幾つかの店舗を比較して無料カウンセリングが充実しているところを選ぶべきです。

 

また、日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDAに認可された低出力レーザーX5が現在では注目を集めており、プロペシアの服用やミノキシジルの使用に勝るとも劣らない効果が得られます。

 

低出力レーザーX5は、頭皮に直接照射して毛根に栄養分を行き渡らせることができ、何よりも一度購入すれば自宅で使用できるところも大きなメリットです。

 

美容サロンや医療機関に通い続ける費用や手間を考えると、自宅で処置を施せる低出力レーザーX5の方が圧倒的に手軽に対策できるということで、抜け毛や薄毛で悩む方は購入を考えてみてください。


 

「プロペシアのFAQ」に関するページ