プロペシアの効果はどのくらい持続するの?

MENU

プロペシアの効果はどのくらい持続するの?

AGA治療薬のプロペシアの効果がどの程度持続するのか、疑問を抱えている男性はいらっしゃるかもしれません。

 

プロペシアは有効成分のフィナステリドで酵素の5αリダクターゼの働きを抑え、抜け毛を引き起こすDHTの産生を防ぐというメカニズムです。

 

効果の出方には個人差があるので一概には説明できないものの、飲み続けなければ効果が持続しないという点ではどの体質の男性でも一緒だと説明できます。

 

数ヶ月間に渡って服用すればAGAによる抜け毛や薄毛は万事解決というわけではなく、DHTの発生を食い止めたいのならば長期間に渡って服用しなければならないのです。

 

抜け毛抑制効果や育毛効果の持続は限定的で、1年後も2年後も飲み続けなければならないのがプロペシアの最大のデメリットなのではないでしょうか。

 

服用を始めて1年が経過し、抜け毛の発生を抑えられたとしても、この段階で服用を中止すれば再び元の状態へと戻っていきます。

 

一気に頭頂部や前頭部の髪の毛が薄くなることは絶対にありませんが、原則的に一生飲み続ける必要があるのです。

 

しかし、10年後も20年後もプロペシアを続けなければならないわけではなく、ある期間を過ぎれば服用回数を減らしても毛髪を維持できるようになります。

 

AGA自体を完治させるような医薬品は解明されておらず、あくまでも内服薬の効果で症状を食い止めているに過ぎません。

 

それでも、日本の厚生労働省やアメリカのFDAから高い評価を得ている薄毛治療薬なので、症状の改善を図りたい男性は当サイトでご紹介しているオオサカ堂で購入してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、プロペシアの目に見える効果は2年間までで、この期間をピークにして得られる変化は落ち着いていきます。

 

「効き目がだんだんとなくなっている」と考えるかもしれませんが、服用している限りは60%〜60%程度の毛量をキープできるのです。

 

持続すればするほど髪の毛を復活させられるのは紛れもない事実で、AGAによる抜け毛や薄毛の悩みを抱えているのならば一度服用してみるのが良いかもしれません。

 

ただし、プロペシアの服用によって得られる効果は基本的に抜け毛の抑制なので、大きな発毛効果も同時に得たいのならばミノキシジルが含まれた育毛剤の併用が適しております。

 

リアップやロゲインといった商品名として育毛剤が販売されており、頭皮に直接塗布することで血流を促して発毛効果を高められるのです。

 

もちろん、外側からのケアに加えて、生活習慣を見直して少しでも頭皮環境を整えられるような対策も練ってみてください。


 

「プロペシアのFAQ」に関するページ