プロペシアはいつ飲むの?

MENU

プロペシアはいつ飲むの?

医薬品のプロペシアはいつ飲むのが効果的なのか、疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

しかし、プロペシアの服用時間は決まっているわけではなく、いつ飲むのも同じなので食前でも食後でも好きな時に服用できるという特徴があるのです。

 

一般的な薬はある程度服用時間が定められているものの、プロペシアは好きなタイミングで摂取できるというところが他の薬との大きな違いかもしれません。

 

プロペシアを使ってAGA(男性型脱毛症)の治療を行っていく上でいつ飲むのかはあまり重要な要素ではなく、毎日継続して服用する方が遥かに大事となっております。

 

毎日プロペシアの中に含まれている成分のフィナステリドを取り入れていかなければならないので、服用を忘れる可能性のある忙しい時間帯を避けるべきです。

 

1日1錠を水や白湯で飲むという点だけに注意していれば服用時間は個人の自由ですし、寝起きでも就寝前だったとしても効果に大きな違いはないでしょう。

 

薄毛で悩んでいる方でも身体は健康体のことが多く、薬を毎日服用するのが生活の中にしみついていない可能性が高いので、最初のうちは特に飲み忘れがないように気を配らなければならないのです。

 

以上の点に注意していればプロペシアで抜け毛や薄毛の治療を促進できるはずなので、このサイトでご紹介しているオオサカ堂の利用をおすすめします。

 

「中々病院に通うことができない」という忙しい方でも、オオサカ堂であればインターネットを利用してプロペシアを注文できるので、是非一度購入してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、プロペシアはいつ飲むのかはそこまで重要なことではないと上記で説明したものの、なるべく同じ時間帯に飲み続けるのが効果をアップさせるコツとなっております。

 

プロペシアの成分が体内から抜けるのは大よそ24時間サイクルなので、当日の夜に飲んで翌日の朝に飲むという方法では間隔が短すぎてあまり意味がないのです。

 

数時間のズレが生じてしまうのは仕方がありませんが、就寝前に飲み続けるのであればずっと就寝前、夕飯後に飲み続けるのであればずっと夕飯後という飲み方を心掛けた方が良いかもしれません。

 

また、プロペシアに限らず他の医薬品も同じように、1日に1錠を服用するという用量を守るだけではなく、水や白湯と一緒に錠剤を摂取するべきです。

 

アルコールと一緒に飲んでいると肝臓での分解作業の効率が悪くなり、プロペシアの服用によって肝機能障害を引き起こすリスクが高まるので注意してください。


 

「プロペシアのFAQ」に関するページ