プロペシアは保険適用されるの?

MENU

プロペシアは保険適用されるの?

プロペシアやミノキシジルの処方など、AGA(男性型脱毛症)の治療で使用される薬は保険適用されないという特徴があり、全てを自費で負担する必要があります。

 

数あるAGA(男性型脱毛症)の治療法の中でも画期的な効果を発揮するのがプロペシアですが、保険適用されないのが大きなデメリットなのです。

 

薬局や訪問販売で手に入れられる一般的な医薬品は、3割負担で済むため1箱当たり1,000円程度の料金となっているものの、プロペシアの場合は7,500円程度はかかります。

 

しかも、病院で処方してもらう場合は初診料を支払わなければならないので、初回の費用で10,000円以上かかるケースも少なくありません。

 

これは薄毛が病気だとは認められておらず、生命活動に支障を来たすことはないという見解なので、国民健康保険適用外という扱いになってしまうのです。

 

薄毛の悩みは深く精神的なダメージが引き起こされることもありますが、残念ながら現段階では薄毛の治療薬は贅沢品と考えられており、保険適用外となっております。

 

これから厚生労働省での見解が変わり、プロペシアやミノキシジルを含む全てのAGAの治療薬が保険適用になる可能性は少なからずあるでしょう。

 

それでも、今の段階では治療にかかる費用全てを自分で負担しなければならず、治療を続けていくためには高い費用を支払わなければならないと頭に入れておくべきです。

 

とは言え、病院でプロペシアを処方してもらうのではなく、個人輸入代行業者のオオサカ堂を利用すれば、1箱当たり約5,500円で手に入れることができます。

 

少しでも薄毛の治療にかかる費用を抑えられますし、1ヶ月単位では大きな差がなくても、1年2年と治療を続けていくのであれば数千円の差は非常に大きいので、是非オオサカ堂を利用してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、保険適用されないのはプロペシアといった医薬品だけではなく、美容外科で受ける植毛手術も該当します。

 

これらの治療も生命活動において必要だとは考えられておらず、審美目的の治療に該当するということで健康保険の適用外というわけです。

 

プロペシアの服用を続ける場合、上記でご紹介したオオサカ堂でも1ヶ月当たり約5,500円という費用を支払わなければならず、クリニックでの植毛手術に関しては50万円を超えることもあります。

 

医療ローンを組めるとは言っても、高い費用を支払うとともに副作用や後遺症のリスクを背負わなければならないということで、育毛シャンプーの使用で留めている方が多いのかもしれません。

 

育毛シャンプーの使用を咎めるわけではありませんが、大きな変化を得ることはできないので、根本的にAGA(男性型脱毛症)を克服したいのであれば、高い費用がかかってもプロペシアの服用やクリニックでの手術を選択するべきです。


 

「プロペシアのFAQ」に関するページ