プロペシアの服用で髭が薄くなるの?

MENU

プロペシアの服用で髭が薄くなるの?

「プロペシアを服用すると髭が薄くなる」「プロペシアでAGAの治療を続けると髭が濃くなる」と2つの意見が出回っており、一体どちらが正しいのか悩んでいる男性はいらっしゃいます。

 

個人差がある部分なので一概には説明できませんが、プロペシアを服用することで体内で悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が作られにくくなるため、髭が薄くなりやすいのです。

 

AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)だと言っても過言ではなく、この物質が頭頂部や生え際に存在することで抜け毛の発生を促して薄毛へと誘われていきます。

 

しかし、この悪玉の男性ホルモンは髭を中心とする体毛を濃くする作用も持ち合わせているため、プロペシアの服用で生成量が少なくなれば必然的に髭が薄くなりやすいのです。

 

つまり、頭皮の髪の毛の薄さと髭の濃さの両方で悩んでいる男性にとって、プロペシアの服用で一石二鳥の効果が得られるのではないでしょうか。

 

プロペシアの中にはフィナステリドと呼ばれる主成分が含まれており、これが酵素の5α-リダクターゼの働きを阻害することによりDHTの産生を防いでくれます。

 

「髭を濃く長く伸ばしたい」という男性にとっては微妙な治療法かもしれませんが、プロペシアは毛髪のメカニズムに焦点を当てた画期的なAGA治療なのです。

 

当サイトでご紹介しているオオサカ堂であれば、インターネットで格安の料金で入手できるので、薄毛で悩む男性は一度服用してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、プロペシアの服用によって髭が薄くなるのは、副作用の一種だと考えられます。

 

副作用というのは本来の効果とは別に引き起こされる症状のことを指すため、「治療目的に沿った作用=抜け毛の防止」「治療目的に沿わない作用=髭が薄くなる」というわけです。

 

とは言え、プロペシアでAGA治療を行っている男性全てに引き起こされる症状ではありませんし、髭の濃い薄いはホルモンバランスによって変化します。

 

体質によっては髭が薄くなったとしても、数年間に渡ってAGAの治療のためにプロペシアを服用しても、全く髭の濃さに変化がないという男性はいらっしゃるのです。

 

「どのような効果が得られるのか?」「どのような副作用が引き起こされるのか?」といったことは、実際にプロペシアを服用してみなければ確かなことは分かりません。

 

髭を薄くするためにプロペシアを服用するのは微妙かもしれませんが、AGAの治療薬としては日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインでも推奨されているので、一度試してみてください。


 

「プロペシアのFAQ」に関するページ