プロペシアで現状維持できるの?

MENU

プロペシアで現状維持できるの?

アメリカのメルク社が開発したプロペシアを正しい服用方法で取り入れていれば、劇的な育毛効果が実感できないとしても現状維持には繋がります。

 

「現状維持ができてもボリュームは一向に回復しなければ意味がない」と考えている方はいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、薄くなった部位の髪の毛のボリュームを増やして目立たなくさせるのが目的ですが、何も髪の毛をフサフサにさせることだけが薄毛治療の目的ではないのです。

 

髪の毛が減りやすい要因を少なくすれば必然的に髪の毛が増える結果になるので、現状維持しかできなくてもプロペシアの服用には大きな意味があると説明できます。

 

日本で行われたプロペシアの臨床試験の結果、1mgの服用を1年間続けると約58%、2年後には約68%、3年後には約78%の方が改善し、現状維持を含めると約98%の男性に効果があることが分かりました。

 

元々毛根のない部分に髪の毛を生やせるような薬ではないものの、AGA(男性型脱毛症)によって短くなったヘアサイクルを正常な状態に戻し、細く短くなった髪の毛を太く長く成長させる作用があります。

 

現に、現状維持だけではなく実際にプロペシアで薄毛を改善された方はいらっしゃるので、手術で身体に後遺症を残さないという意味では医学的に最も有効な治療法だと言えるでしょう。

 

個人輸入代行業者を利用すれば、医薬品の入手にかかる費用を少しでも抑えられるので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂をおすすめします。

 

オオサカ堂ではプロペシアだけではなく、他の育毛サプリや塗るタイプの育毛剤も販売されているので、公式サイトで気に入った製品を見つけてみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、プロペシアは1回服用すれば髪の毛がフサフサになる夢のような医薬品ではなく、長期間に渡って服用することで少しずつ抜け毛を減らし、現状維持をしながらAGA(男性型脱毛症)の治療を行っていく薬だと説明できます。

 

しかし、AGA(男性型脱毛症)は進行性の病気ということで、放置していれば今よりも更に酷い薄毛の状態に陥るかもしれないので、現状維持が大切だということはお分かり頂けるはずです。

 

それでも、プロペシアで現状維持しかできていない方は、もしかしたら生活習慣の乱れが大きな原因かもしれません。

 

現代人は健康を疎かにしている傾向があり、毎日のように添加物や着色料が含まれた加工食品やインスタント食品を食べていれば身体は弱まり、内蔵に不調を来たして髪の毛に行き渡る栄養素が減り薄毛が進行しやすくなります。

 

毎日の健康と髪の毛には密接な関係性があるので、医薬品の服用だけに頼るのではなく生活スタイルの見直し、特に不規則な食生活を改善してください。


 

「プロペシアのFAQ」に関するページ