プロペシアを飲むと太るの?

MENU

プロペシアを飲むと太るの?

プロペシアを服用すると太るのではないかということで、メタボ気味の男性は長期間に渡っての服用に不安を抱くことがあるかもしれません。

 

プロペシアの副作用に関しての添付文書には、太るという項目は見つからなかったものの、実際に体験談を見てみると体重増加に悩まされた男性は意外と多いようです。

 

「男性ホルモンに関係する薬だからこそプロペシアで太るのではないか」と考える方はいらっしゃいます。

 

しかし、プロペシアの中に体重増加を促すような成分は一切含まれておりませんし、太るというよりも痩せにくくなるというのが正解です。

 

とは言え、これはプロペシアを服用した方の体験談によるものですし、メタボリックシンドロームの大きな原因となるのならば、もっと前から注目を集めているのではないでしょうか。

 

基本的にはプロペシアと体重には大きな関係性はありませんし、服用してから太り始めたのであれば食生活に気を配って野菜を食べるように心掛けたり、運動をして身体を動かしたりという対策を行うべきです。

 

数あるAGA(男性型脱毛症)の治療の中でも、プロペシアの服用は日本皮膚科学会のガイドラインでAランクの推奨を得ている方法ですし、自宅で対処できるところが大きなメリットなのでこのサイトでご紹介しているオオサカ堂をおすすめします。

 

オオサカ堂であれば約5,500円でプロペシアを手に入れることができますし、ジェネリック医薬品の種類も豊富なので、まずは公式サイトを見てみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、プロペシアを服用してから太るという方は、もしかしたらストレスが大きな原因かもしれません。

 

どんな体質の方でも、プロペシアの服用で直ぐに薄毛が改善されるわけではなく、最初は何も効果を実感できないことが多くなっております。

 

「毎日欠かさずに飲んでいるのに抜け毛が減らない」「逆に症状が悪化しているような気がする」と不安になり、精神的なストレスが増幅することで太りやすい体質へと変化している可能性があるのです。

 

実際に、ストレスを感じた時に食事量が増えると回答した方は、男性で約3割女性で約5割ほどおり、ドカ食いする傾向が多いからこそ太ってしまうのではないでしょうか。

 

それに、人間の脳はストレスを感じることで脂肪を蓄えようとするホルモンの一種のコルチゾールが分泌され、甘いものや脂っこい食事に走るというメカニズムが解明されております。

 

以上のように、プロペシアの服用が関係しているのではなく、薄毛に対するストレスの影響かもしれないので、毎日の生活で上手く発散できるような対策を練ってください。


 

「プロペシアのFAQ」に関するページ