プロペシアのFAQ

MENU

プロペシアのFAQについて

このページでは、プロペシアのFAQをご紹介しているので、服用していくに当たって何か疑問が残る方は是非参照してみてください。

 

 

プロペシアはどのタイミングで飲むのが効果的なの?

プロペシアは健康食品ではなく医薬品ですが、特に飲まなければならない時間帯が決まっているわけではありません。いつ飲んでも個人の自由ですし、飲む時間帯によって効果が変わることはないはずです。プロペシアの服用で大事なのは毎日続けることで、飲み忘れがないように気を配る必要性があります。また、24時間サイクルで飲み続けるのがベストだと言われているので、前日の夜に飲んで当日の朝に飲むのではなく、一度夜に飲み始めたらそれから先もずっとなるべく同じ時間帯に飲むべきです。

 

 

プロペシアを服用している最中は禁酒した方が良いの?

プロペシアを服用しているからといって、特に禁酒しなければならないわけではありません。しかし、お酒と一緒に医薬品を飲むと肝臓に大きな負担が加わる可能性があるので、なるべく時間をずらした方が良いです。プロペシアを服用する前後3時間はアルコールの摂取を避け、飲みすぎにだけ注意していれば問題はないでしょう。

 

 

どのくらいの期間でプロペシアの効果を実感できるの?

プロペシアの効果を実感できる期間に関しては個人差が生じているので、一概に説明することはできないのです。1ヶ月で抜け毛が少なくなったと実感する方がいれば、半年間以上に渡って服用を続けて効果が出たと感じる方もいらっしゃいます。右肩上がりの効果が出るまでには半年間から1年間程度の期間が必要なので、一度プロペシアの服用を始めたら最低でも半年間は続けるべきです。その間に副作用が引き起こされたという方は、病院へ行って専門医に相談してみてください。

 

 

プロペシアの服用を中止したらどうなるの?

プロペシアの服用を中止すると、脱毛ホルモンの抑制ができなくなるので、抜け毛やAGA(男性型脱毛症)の進行具合は以前と同じ状態に戻ります。ダイエットによるリバウンドのように、急激に抜け毛が増えることは絶対にないものの、徐々に薄毛が進行していくのでプロペシアは飲み続けなければならないのです。もちろん、一生飲み続けなければならないわけではなく、個人の判断でやめても良い時期が見つかったら服用を中止しましょう。

 

 

プロペシアの服用で筋力の低下が引き起こされるの?

男性ホルモンを抑制するということで、プロペシアの服用によって筋力が低下するのではないかという懸念を持っている方がいらっしゃいます。しかし、正確には男性ホルモンの量を減らすのではなく、DHTに変わる酵素を抑制するだけなので、プロペシアで筋力低下が生じることは絶対にないのです。飲み方が間違っていると思わぬトラブルが引き起こされるかもしれないので、1日に1錠という用法と用量は絶対に守らなければなりません。

 

 

プロペシアの有効率はどのくらいなの?

国内の臨床試験の結果によると、プロペシアのAGAへの有効率は98%だと言われております。この数値は育毛効果を実感できた方だけではなく、現状維持に繋がったという方も含まれておりますが、それでも効果的な医薬品だということには違いないのです。プロペシアを服用して脱毛症の症状が進んだと感じている方は僅か2%ということで、これからもAGAの治療として積極的に取り入れられていくのではないでしょうか。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


 

「プロペシアのFAQ」に関するページ