プロペシアの耐性

MENU

プロペシアの耐性について

医薬品を服用しているとだんだんと身体が慣れてきて効果が薄くなるという耐性が問題視されており、男性型脱毛症の治療に使われるプロペシアもそのリスクがあります。

 

耐性がつくかどうかは個人の体質によって異なるので一概には説明できないものの、プロペシアを服用してから1年から2年辺りがピークとなり、その後は少しずつ効果が薄れていくケースが多いのです。

 

実際に、3年間に渡ってプロペシアを服用し、抜け毛が減って髪の毛が増えたと感じていても、5年以上経って効かなくなったという方はいらっしゃいます。

 

私たちの身体には免疫力と呼ばれるものが備わっており、ありとあらゆる外敵から身を守るために抵抗力が生まれ、それはプロペシアといった薬品にも同じことが言えるのです。

 

耐性については製薬会社でも解決できず、効果が薄れるかどうかは医師でも事前には判断できず、服用してみなければ本当のことは一切分かりません。

 

それでも、長年に渡って継続してプロペシアを服用したことにより、DHT(ジヒドロテストステロン)の影響によって乱れていたヘアサイクルが復活し、正常な状態になったからこそ効き目がなくなったと感じている可能性は十分にあります。

 

育毛シャンプーやサプリメントといったグッズで発毛効果を得られるのであればまだしも、中々劇的な変化は得られないということで多少の耐性があったとしても悩みの解決にはプロペシアの服用が欠かせないのです。

 

当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂では、アメリカ版のプロペシアが約5,500円という値段で販売されているので、AGAの治療に役立ててみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、プロペシアの発毛効果を実感しづらくなるのは耐性が関係しているのか、はたまた耐性とは全く関係性がないのか解明されておりません。

 

しかし、最初のうちは効き目があるということでプロペシアを服用し、長く続けていくことに違和感を感じて勝手に服用を中止するような独自の判断も、耐性の噂を強める原因だと考えられます。

 

なぜ効かないように感じるのか一概には説明できないものの、身体が薬の作用に適応するために代謝スピードを上げるという説が有力です。

 

とは言え、1日に1錠という用量をしっかりと守っていれば重大な副作用に悩まされることはないですし、1ヶ月約5,500円程度で始められるプロペシアは、高額な医療費を支払わなければならない治療よりも手軽に始められます。

 

耐性を恐れて服用を注意すれば、抜け毛の数や薄毛の進行スピードが以前に戻り、症状が悪化するかもしれないので十分に注意するべきです。


 

「プロペシアのデメリット」に関するページ