プロペシアのリスク

MENU

プロペシアのリスクについて

「抜け毛を少しでも少なくしたい」「生え際の後退を改善したい」ということで、薄毛で悩まされている方は様々な対策を日々の中で行い、プロペシアの服用はその一つだと説明できます。

 

確かに、日本皮膚科学会でも推奨されているのがプロペシアの服用なのですが、得られる効果と引き換えに多少のリスクがあることを頭に入れておくべきです。

 

重大なリスクがつきまとうような医薬品ではないものの、身体に何かしらの悪影響が引き起こされる可能性も十分にあります。

 

そこで、このページでは、プロペシアのリスクについて詳しく説明しているので、AGAの治療を始める前に参照しておいてください。


男性機能が低下する

プロペシアの服用で命に関わるような重大な副作用が引き起こされることはありませんが、男性機能が低下するというリスクがあります。

 

ED(勃起不全)や性欲減退といった症状が報告されており、女性と上手く関われないことで性に対する欲求が減少する男性も少なからずいらっしゃるのです。

 

プロペシアを服用した全ての男性が引き起こすわけではなく、ED(勃起不全)が0.7%、性欲減退が1.1%程度の発生率だと臨床試験の結果が出ました。

 

発症する確率は低いとしても、そのリスクがある医薬品を服用しているという自覚を持ちつつ、AGA(男性型脱毛症)の治療を行っていかなければならないのです。


精神的な不快症状が引き起こされる

精神的な不快症状が引き起こされるということで、プロペシアは有名な医薬品の一つとなっております。

 

この症状の発症割合に関する詳しいデータは出ていないものの、心配感や不安感、憂鬱や睡眠障害といった症状が報告されており、服用する期間が長ければ長いほどそのリスクは増すはずです。

 

上記でも説明したように、男性機能の低下によって自分に自信がなくなり、結果的に心理学的な問題が生じたとも考えられます。


服用する間は全額自己負担しなければならない

プロペシアを服用して薄毛の治療を行う場合は、その期間中は全額自己負担しなければならないというリスクがあります。

 

薄毛は命に関わるような病気ではないと判断され、どのような治療に関しても保険が適用されることはありません。

 

プロペシアを病院で処方してもらっても、インターネットで代行業者を利用して手に入れても、かなりのコストがかかると頭に入れておくべきです。

 

1ヶ月にかかる費用は大よそ5,500円(ネットでの注文)〜10,000円(病院での処方)ですが、服用を中止すれば元の状態に戻るため基本的には長期間に渡って続ける必要性があります。


 

「プロペシアのデメリット」に関するページ