プロペシアによる無気力

MENU

プロペシアの服用で無気力になる?

AGA治療としてプロペシアを服用してからというもの、無気力感で悩まされている男性は少なくありません。

 

そもそも、無気力とはどのような状態を指すのか以下では簡単にまとめてみました。

 

  • 無気力で無関心な状態が続いている
  • 何もする気力が湧かずにボーっとする
  • 意欲を失ってエネルギーが枯渇している

 

「何もやる気がしない」「身体がダルいな〜」といった感覚に陥ったことのある方は意外と多いのではないでしょうか。

 

プロペシアの服用でこのような状態に陥ることはあり、一種の副作用だと考えられます。

 

プロペシアを服用した全ての男性が副作用で悩まされるわけではないので一概には説明できませんが、男性ホルモンの減少で活力がなくなったり性欲が減退したりしたことによる影響です。

 

基本的にテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)へと変える還元酵素の働きを抑制するのがプロペシアに含まれるフィナステリドの効果なので、男性ホルモン自体に悪影響はありません。

 

それでも、性欲が減退して男らしさがなくなる副作用は多数確認されており、無気力で悩まされたとしても決して不思議ではないのです。

 

このような状態を改善したいのであれば、何かやる気の出る趣味を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

医薬品でAGAを治療している以上は副作用のリスクは仕方ありませんし、それが怖いのであれば別の方法を考えるべきです。

 

とは言え、数多くの治療の中でもプロペシアは効果や安全性が確立されている医薬品ですし、正しい用法や用量を守っていれば身体への悪影響は少なくて済むので一度飲んでみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


無気力を解消する効果的な方法は?

プロペシアの副作用の症状を和らげるために、以下では無気力を解消する効果的な方法をまとめてみました。

 

やる気が出ない状態を改善するには正しい手順で処置を行わなければならず、一度実践してみましょう。

 

  • @まずは精神的な限界を超えた状態を改善するために休養を取る
  • A昼夜逆転など不規則な生活を改める
  • B1日の生活のスケジュールを立ててその通りに行動する
  • C喜怒哀楽の感情を刺激して元気な状態へと導く
  • D些細なことでも何かを成功させて充実感を得る

 

無理してやる気を出そうとしても逆にドツボに陥ることはあるので、焦らずにゆっくりと普通の生活が送れるような努力をしてみてください。


 

「プロペシアのデメリット」に関するページ