プロペシアと喫煙

MENU

喫煙でプロペシアの効果は下がる?

喫煙でプロペシアの効果は下がる?

「喫煙によってプロペシアの効果は下がるのか?」「プロペシアでAGA治療を行っている最中はタバコを吸わない方が良いのか?」いった疑問を抱えている男性は少なくありません。

 

増税の影響もあって以前と比較して大分喫煙者は減りましたが、それでも吸い続けている男性はいますよね。

 

ヘビースモーカーやチェーンスモーカーであれば今すぐに禁煙するのは難しく、「もう1本だけ」「あと1ヵ月だけ」と自分に甘えてしまうのは仕方がありません。

 

年齢とともに加速していく薄毛の症状がAGA(男性型脱毛症)で、治療薬として代表的なプロペシアは喫煙で効果が下がりやすくなっています。

 

臨床試験によってプロペシアの効果が下がるという結果は出ていないものの、タバコが薄毛を引き起こす要因になるのは紛れもない事実です。

 

以前からタバコは髪の毛に良くないと言われていますので、喫煙でどのような悪影響があるのか詳しく見ていきましょう。

 

 

  • タバコに入っているニコチンの摂取によって血管が収縮し、髪の毛を栄養失調状態にさせる
  • タバコを1本吸うだけで血行不良の状態が2時間ほど続いて栄養素が行き渡りにくくなる
  • 体温低下が続くことで血行不良を引き起こし、同じように毛母細胞が栄養不足に陥る
  • 健康的な髪の毛に欠かせないビタミンCやビタミンEといった栄養素が喫煙によって消費される
  • ニコチンやタールが神経組織を破壊して男性ホルモンの分泌のバランスが崩れる
  • AGAの直接的な原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生量が増える

 

 

上記のように、喫煙によって髪の毛や頭皮の健康が損なわれることがお分かり頂けたはずです。

 

特に、タバコを吸うことでDHT(ジヒドロテストステロン)の量が増えやすくなるため、薄毛を改善したいのならば喫煙は控えた方が良いでしょう。

 

アメリカのハーバード大学で実施された臨床試験によると、喫煙者はタバコを吸わない人と比べてテストステロンの量が9%、悪玉のDHTの量に関しては13%も高い数値を示しました。

 

つまり、プロペシアの服用で5αリダクターゼの働きを抑制してDHT(ジヒドロテストステロン)の産生量を抑えていても、喫煙習慣があるだけでその効果が無になってしまうのです。

 

毛髪に酸素や栄養素が行き渡りにくくなったり、ヘアサイクルが乱れたりすれば当然のようにAGAによる抜け毛や薄毛の症状は悪化していきます。

 

タバコが大好きな喫煙者にとって、AGA治療を行っている間、禁煙を続けるのは相当辛いのではないでしょうか。

 

基本的に薄毛の治療は長期間に渡って行わなければならず、投薬治療ならば数年間程度は覚悟する必要がありますね。

 

それでも、「自分の髪の毛を増やすため」「今の髪の毛を維持するため」と考えればタバコをやめられますので、少しずつ禁煙にチャレンジすべきです。

 

もちろん、喫煙はあくまでも抜け毛や薄毛の症状を悪化させる要因の一つで、禁煙したからといってAGAが自然と治っていくわけではありません。

 

AGAによる薄毛を何とかするには相応の対策や治療を行わなければならないため、どうすれば良いのか悩んでいる男性は個人輸入代行サイトのオオサカ堂で内服薬のプロペシアを購入してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


 

「プロペシアのデメリット」に関するページ