プロペシアと献血

MENU

プロペシアの服用中の方が献血できない理由について

日本赤十字社では、プロペシアを服用している方は献血ができないと定めており、献血ルームへと足を運んでもお断りされます。

 

それはAGAの治療薬のプロペシアの中にフィナステリドと呼ばれる成分が含まれているのが大きな理由で、胎児に与える影響が非常に大きいのです。

 

もし、この成分が含まれた血液が妊婦さんの中へと輸血されると、胎児の生殖器の働きに異常が生じるため、献血できない理由はお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

そもそも、プロペシアといったAGAの治療薬は女性は服用できないと定められており、男性が抜け毛や薄毛を改善するための医薬品として使用されます。

 

女性が服用できないものを妊婦さんが服用できるはずがありませんし、献血でフィナステリドが含まれていては危険なので、日本赤十字社のホームページでもしっかりと注意書きがされているのです。

 

献血を行う前には必ずと言って良いほど問診があり、そこで担当者にプロペシアを服用している旨を伝える必要があります。

 

プロペシアだけではなくフィナステリドを含む医薬品全てが駄目なので、アボダート(AVODART)やプロスカー(PROSCAR)も該当するのです。


プロペシアの服用中の方が献血できない期間について

プロペシアの服用中の方が献血ができない期間は、日本赤十字社で1ヶ月間と定められております。

 

毎日のようにプロペシアを服用していない方でも、最後に経口摂取してから1ヶ月間という期間が経っていないのであれば、どんなケースを考慮しても献血ができないのです。

 

他にも、アボダート(AVODART)を服用した方は6ヶ月間、プロスカー(PROSCAR) を服用した方は1ヶ月間献血ができないと、しっかりと期間が設定されております。

 

献血は自分の血液を提供することで世界中の苦しむ方の命を救うことになるボランティアですし、その無償で行う行為で人を傷付ける結果になっては支離滅裂です。

 

「どうしても献血がしたくて我慢できない」という衝動に駆られるような方はいらっしゃらないでしょうが、プロペシアを服用している方は十分に注意しておかなければなりません。

 

他にも、献血を行う前に担当者から幾つもの問診があり、「半年間に不特定多数との性的接触はあったか」「海外から帰国して4週間以内か」「輸血や臓器の移植を受けたことがあるのか」といった質問をされます。

 

献血される方だけではなく、輸血される方の安全性も同時に考えなければならないので、きちんと質問に答えるようにしてください。


 

「プロペシアのデメリット」に関するページ