プロペシアと花粉症

MENU

プロペシアと花粉症について

花粉症

冬から春にかけての季節は花粉が飛び交い、くしゃみや鼻水、鼻づまりや目の痒みといった代表的な症状で悩んでいる方はいらっしゃるはずです。

 

「プロペシアの副作用で花粉症が引き起こされやすくなるのでは?」と考えている方はいらっしゃいますが、そのような報告は基本的にありません。

 

しかし、プロペシアの中に含まれている成分がアレルゲンという方は、長期的な服用によって体質が合わず、不快な症状が引き起こされる可能性があります。

 

花粉症はアレルギー反応の一つということで、プロペシアの服用が引き金となって症状が重くなることは十分にあり得るのです。

 

育毛のためにプロペシアを服用し、大よそ5%未満の方が副作用で悩まされるというデータがあり、その中の一つがアレルギー反応ということで、花粉症の症状と何も関係性がないとは言い切れないでしょう。

 

花粉症は日常生活のパフォーマンスを大きく低下させる原因となり、仕事や勉強の弊害となったり、ただ生活を送っているだけでストレスが溜まったりと様々な悪影響があります。

 

患者さんの生活の質(QOL)が下がってストレスが溜まれば、男性型脱毛症の症状の進行が早くなるかもしれないので、花粉症の対策もきちんと行わなければならないのです。

 

スギやヒノキといった樹木が多いものの、花粉症の原因植物は日本だけでも60種類以上は存在すると言われており、その要因に個人差があったとしても基本的には薬を服用する形となります。

 

その際に、「薄毛の治療に使われるプロペシアと花粉症の薬を併用しても大丈夫なの?」という疑問を抱える方がいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、2種類の医薬品を一度に服用し、どのような影響が身体に引き起こされるのか素人では判断がつかないはずですし、冬から春にかけての季節にAGAの治療を考えている方にとっては重要なポイントです。

 

アレグラやアレロック、市販の鼻炎カプセルなど花粉症の薬によって異なるものの、プロペシアは薬物相互作用がほとんどなく、他の薬との飲み合わせは十分に可能だと考えられております。

 

抗アレルギー薬にしても抗ヒスタミン薬にしても、お互いの効果を薄める心配はないということで併用しても問題はないのです。

 

それでも身体に悪影響が引き起こされるのではないかと不安を抱えているのであれば、花粉症の薬を処方してもらう際に、恥ずかしがらずにプロペシアを服用しているという旨を専門医に伝えましょう。

 

医薬品の服用ではなく他の方法で花粉症を対策するのも選択肢の一つなので、「掃除を小まめにして清潔に保つ」「手洗いうがいを心掛ける」「外出の際はマスクやメガネをかける」「花粉の飛散が多い日をニュースでチェックする」といった対処を行うべきです。

 

以上のように、プロペシアが原因となって花粉症の症状が進行することはないので、安心して当サイトでご紹介しているオオサカ堂の医薬品を購入してみてください。


 

「プロペシアのデメリット」に関するページ