プロペシアと円形脱毛症

MENU

プロペシアと円形脱毛症について

自覚症状などが特になく、ある日突然頭にコイン程度の大きさのハゲが形成される円形脱毛症で悩まされている方はいらっしゃいます。

 

性別や年齢に関係なく円形脱毛症は引き起こされ、プロペシアの服用で治療ができると考えている方は多いはずです。

 

しかし、結論から言うとプロペシアは円形脱毛症には効果がなく、何年に渡って服用したとしても症状が改善することはありません。

 

これは脱毛の原因が違うことが大きな理由で、加齢によって引き起こされる男性型脱毛症は男性ホルモンが引き金となっております。

 

男性ホルモン自体に原因がわるわけではなく、5αリダクターゼという酵素の影響で男性ホルモンのテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、徐々に抜け毛が増えて薄毛を引き起こすのです。

 

プロペシアはこの5αリダクターゼの抑制効果があるため、結果的にDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されにくくなり、男性型脱毛症の治療に繋がると考えられております。

 

その点、円形脱毛症の場合は、本来は頭皮を守るために髪の毛の成長を促進させる免疫力に異常が生じ、自分の毛髪を壊すように働きかける自己免疫疾患の一つなのです。

 

その原因としてはストレスやアレルギーなどが挙げられ、男性ホルモンとは何の関係性もないのでプロペシアでは効き目がないと説明できます。

 

もちろん、リアップといったミノキシジルが含まれた育毛剤も効果がなく、円形脱毛症を治したいのであれば病院を受診して正しい治療を行う必要があるでしょう。

 

仮に円形脱毛症を患ったとしても、頭皮の一部分に引き起こされた脱毛は一生治らないわけではなく、原因が解消されたり時間が経過したりすれば自然治癒によって元の状態に戻るのです。

 

今現在の医療では根治に至るような円形脱毛症の治療は確立されていないものの、炎症や免疫機能を抑えるステロイド局所注射や、意図的にかぶれを生じさせる局所免疫療法が推奨されております。

 

どちらの治療法も医師の指示の下で治療を行っていれば症状の改善に繋がりますし、抗アレルギー薬といった内服薬の処方、ナローバンドUVB療法やエキシマレーザー療法を中心とする紫外線療法なども紹介されるはずです。

 

以上のように、円形脱毛症はプロペシアの服用で治すことはできず、ただ副作用に悩まされるだけという悲惨な結果になるかもしれないので、早めに病院を受診して生活を送る上でのアドバイスを受けるようにしてください。


 

「プロペシアのデメリット」に関するページ