プロペシアのデメリット

MENU

プロペシアのデメリットについて

優秀なAGA(男性型脱毛症)の治療薬として知られているプロペシアは効果の高い医薬品ですが、同時にデメリットも兼ね備えております。

 

サプリメントといった健康食品とは大きく異なり、プロペシアは医薬品の一つということで身体に何かしらの弊害が引き起こされたとしても不思議ではないのです。

 

そこで、このページではプロペシアのデメリットについて幾つかご紹介しているので、薄毛の治療として服用する前に自分の中で整理してみてください。


飲み方を間違えると害が及ぶ

プロペシアは医薬品の一種ということで飲み方を間違えると害が及ぶというデメリットがあります。

 

稀にプロペシアの服用で体調の変化を感じるケースがあり、頭痛や下痢、腹痛や下腹部の不快感といった症状が代表的で、どれも軽度なので過度の心配は要らないはずです。

 

しかし、1日に1錠を服用するという用量を守らなかったり、男性のAGA治療の医薬品なのにも関わらず女性が服用していたりすると、身体に思わぬトラブルが引き起こされるかもしれません。

 

精子数の低下や性欲の減少といった男性の生殖機能に関する副作用も報告されており、国内で実施された臨床試験の結果によると身体が危険な状態に晒されることもあります。

 

肝臓が弱っている方がプロペシアを服用すると肝機能障害を引き起こすリスクが高まるという報告もあるため、不安な方は薄毛の治療を始める前に医師の診察を受けるべきです。


保険が適用されないので値段が高い

プロペシアの服用は保険が適用されず、全ての費用を自費で負担しなければならないということで、値段が高いというデメリットがあります。

 

日本では薄毛を病気とは認めておらず、その改善は審美目的による治療だと考えているので、プロペシアの処方にしてもクリニックで実施される植毛治療にしても保険が適用されないのです。

 

病院によって異なるので一概には説明できないものの、プロペシアの1ヶ月にかかる費用の相場は10,000円程度で、この中には錠剤にかかる費用の7,500円と診察料の2,500円が足されております。

 

しかも、自分のペースで摂取していく健康食品とは大きく異なり、プロペシアは毎日飲み続けなければ効果が出ないということで、想像以上にコストが高くなるのではないでしょうか。

 

更に、皮膚科や薄毛外来を開いているようなクリニックでしかプロペシアを入手できず、医師や看護師の方に自分がハゲであることを知られるデメリットもあります。

 

薄毛といったコンプレックスを抱いている人間が最も恐れるのは、その事実を指摘されたり知られたりすることで、画期的な裏にはこのような副産物も潜んでいるのです。

 

しかし、現在ではインターネットを利用して個人輸入を行うことができ、その代行を行っている業者が当サイトでご紹介しているオオサカ堂となっております。

 

いちいちクリニックを受診する必要がないので面倒だとは感じませんし、病院で処方される値段よりも安く、幾つものデメリットが解消されているので是非注文してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


 

「プロペシアのデメリット」に関するページ