プロペシアとうつ病

MENU

プロペシアとうつ病について

アメリカのFDA(米国食品医薬品局)では、プロペシアの服用によってうつ病を患う可能性があることを発表致しました。

 

全ての方がプロペシアの服用でうつ病やうつ症状を引き起こすわけではありませんが、DHTの産生を抑えるとともに腦脊髄液内の神経ステロイドが減少することが分かっております。

 

その影響で自律神経のバランスが崩れ、更に日常生活でのストレスが積み重なることによってうつ病を発症しやすくなるという仕組みです。

 

薄毛の方は周りの人間から痛い視線で見られるケースがあり、特に若い年齢にも関わらず生え際や頭頂部が薄いという方は常にストレスを抱えている可能性があります。

 

プロペシアの服用で副作用が引き起こされる確率は5%未満と他の医薬品と比べて低い数値となっているものの、そのリスクを負わなければならないということを頭に入れておかなければなりません。

 

公に副作用として発表されていないのですが、プロペシアを続けることで集中力が続かなかったりやる気が湧かないといった倦怠感のような症状を訴えている方はいらっしゃいます。

 

今現在もプロペシアに関しては研究が行われており、イライラしやすくなって精神的に不安定な状態になることも分かっているので、うつ病と無関係だとは言えないのです。

 

それに、プロペシアで引き起こされやすい副作用の性欲減退により、男性としての威厳が損なわれて精神的に落ち込み、うつ病に発展したとも十分に考えられます。

 

直接的にうつ病の引き金にならないとしても、間接的に繋がっていると考えるのが普通なので、精神的な症状があまりにも強くなったのであれば早めに心療内科といった病院を受診した方が良いでしょう。

 

軽いうつ状態の時に正しい対処を行えば改善まで時間がかからないものの、うつ病が重症化すると数年間に渡って治らないこともあるので、プロペシアを服用中の方は十分に注意しなければならないのです。

 

実際にうつ病の治療には医師から処方された抗不安薬や睡眠薬といった医薬品を服用し、同時に生活習慣を見直したり運動療法を取り入れたりして症状の改善を図っていきます。

 

深刻な症状になると抗うつ薬の服用だけでは改善できず、気分安定薬や抗精神病薬といった薬を服用する強化療法を行わなければならず、治りにくいのは事実なので日頃からストレスを溜め込まないような対策も大事です。

 

薄毛の悩みを抱えていてストレスを溜め込まないようにするのは難しいかもしれませんが、たまには何もかもを忘れてリフレッシュするように心掛けてみてください。


 

「プロペシアと病気」に関するページ