プロペシアと睡眠障害

MENU

プロペシアと睡眠障害について

プロペシアはホルモンに働きかけて抜け毛や薄毛を治療していくということで、ホルモンバランスが崩れて睡眠障害を引き起こす可能性があります。

 

うつ状態になったり無気力になったりという方は多く、全ての人が発症しないとしてもプロペシアによる副作用の一つなのかもしれません。

 

そもそも、睡眠障害とは睡眠に関して何かしらの悩みを抱えているような状態を指し、一般成人のうち約21%が不眠に悩まされているのが現状なので、引き起こされたとしても不思議ではないと説明できます。

 

幾つかの要因が重なって引き起こされるので一概には説明できないものの、外部からのストレスによる心理的原因、外傷や関節リウマチといった病気による身体的原因、服用している薬による薬理学的原因、不安と抗うつによる精神医学的原因が一般的です。

 

プロペシアの服用で睡眠障害が引き起こされているのであれば、3つ目の薬理学的原因が該当し、薬剤の中に含まれている成分の影響で眠りに何かしらの弊害が出ていると説明できます。

 

一時的に眠れないという状態であればまだしも、長期間に渡って睡眠に異常が生じているのであれば睡眠障害の可能性は高いため、病院を受診してプロペシアを飲んでいることを伝え、きちんと対策を練った方が良いでしょう。

 

睡眠障害と一口に言っても、眠るまでに1時間以上費やす入眠困難、夜中に何度も目が覚めてその後に眠れなくなる中途覚醒、お年寄りのように朝早くに目覚める早朝覚醒、睡眠時間は足りているのに満足感が得られない熟眠障害など、幾つかの種類が挙げられます。

 

プロペシアの服用という同じ原因だとしても個人によって引き起こされる症状には違いが生じており、睡眠障害の種類によって対策の方法も異なるので、早めに病院を受診して判断を仰いだ方が良いかもしれません。

 

医薬品の服用をやめることで症状が改善されるケースは多いものの、自己判断で旧薬するのではなく、念のために医師に続けても良いかどうか伺ってみるべきです。

 

実際に、プロペシアの服用を中止しても副作用のような症状が続く「ポストフィナステリド症候群」に悩まされている方はおり、副作用に悩まされるとともに薄毛の進行が進むという最悪の状況に陥ることがあります。

 

ただ副作用の症状が残っただけで薄毛の悩みは全く解決できていないという状況だけは避けなければならないので、個人輸入代行業者からプロペシアを仕入れている方も念のために専門医の診察を受けるようにしましょう。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


 

「プロペシアと病気」に関するページ