プロペシアとピロリ菌

MENU

プロペシアとピロリ菌について

胃の壁を傷付けて胃もたれや吐き気、胃炎といった病気を引き起こすピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は1980年代に発見され、中高年の方ほど保菌率が高いと考えられております。

 

プロペシアを服用することでピロリ菌が大量に発生し、胃腸を傷付けるのではないかという意見が出回っており、服用を懸念している方がいらっしゃるのは事実です。

 

しかし、基本的にプロペシアの中にはピロリ菌を増やすような成分は含まれておりませんし、胃炎や胃潰瘍の直接的な原因となることはありません。

 

もし、プロペシアがピロリ菌を増やすような副作用があるのならばもっと以前から注目を集めているはずですし、そのような症状に悩まされた方は皆無なので安心してAGA(男性型脱毛症)の治療をしていくことができます。

 

とは言え、プロペシアに副作用が一切ないというわけではなく、医薬品の一種ということには変わりないので、性欲の減退や肝機能障害のリスクをアップさせるような副作用があるのは事実です。

 

それでも、ステロイド剤といった薬剤と比べれば副作用の程度は軽いですし、用法と用量をきちんと守っていれば特に問題はないでしょう。

 

むしろ、副作用の強すぎる薬であれば、日本皮膚科学会がAGA(男性型脱毛症)の治療として最も勧められるAランクに設定するわけがないのです。

 

プロペシアの服用でピロリ菌が増えて感染しやすくなるのは完全なデマなので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂で購入してみてください。

 

オオサカ堂ではプロペシアだけではなく、ジェネリック医薬品のフィンペシアやエフペシアも取り扱っているのでお好きなもので治療効果を促すべきです。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、上記ではプロペシアとピロリ菌には特に関係性がないと説明したものの、皆無というわけではありません。

 

中高年の方ほどピロリ菌を保有しやすく発症するリスクが高いものの、胃の状態が悪くなっているほど感染しやすいという特徴があります。

 

用法と用量を守って服用しているのであればまだしも、早く薄毛改善効果を得たいということで1日に1錠を守らずにプロペシアを服用している方は胃に負担がかかり、ピロリ菌に感染しやすい状態になっている可能性があるのです。

 

安全性がいくら高いとしても、プロペシアも医薬品の一種ということには変わりないため、使い方を間違えないように十分に注意した方が良いでしょう。

 

実際にピロリ菌に感染したら、病院で胃酸の分泌を抑える薬と抗菌薬を処方してもらい、医師の指示に従って服用する治療が一般的となっております。

 

その際に、プロペシアを服用して良いのかというのは重要な問題なので、忘れずに医師に尋ねてみてください。


 

「プロペシアと病気」に関するページ