プロペシアと病気

MENU

プロペシアと病気について

「プロペシアを服用することで病気になるのか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、プロペシアは医薬品の一種で副作用が引き起こされることはありますが、服用が直接的な原因になって病気になるケースは至って少ないようです。

 

それでも、プロペシアの服用で肝臓のALT値とコレステロール値が上昇したというデータがあり、肝機能障害といった病気のリスクが上がると考えられております。

 

直接的に肝機能障害を引き起こさないとしても、元々肝臓の病気を抱えていたり機能が衰えたりしている方は自己判断ではなく、医師の診察を受けてから服用した方が良いかもしれません。

 

臨床試験で起こった肝機能障害は非常に軽く、健康に悪影響を及ぼすものではなかったものの、病気を患うリスクが上がることを心得ておくべきです。

 

臨床試験では何千人もの結果を見ることはできないですし、重篤な肝機能障害が確認されなかったとしても、個人の体質によっては引き起こされることがあります。

 

実際に、プロペシアを服用している人は日本で18万人を超えており、十数例に重篤な肝機能障害といった病気が報告されたのは事実です。

 

年齢を重ねた方ほど病気を患いやすくなっておりますし、体調不良を悪化させないためにも医師の指示に従って服用するのがベストなのではないでしょうか。

 

当サイトでは個人輸入代行業者のオオサカ堂をご紹介しており、格安の料金でプロペシアを手に入れることができますが、不安な方は病院で処方してもらうようにしてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、プロペシアの服用によってうつ病といった精神的な病気を患うリスクが高まることも確認されており、副作用の一種なのではないかと考えられております。

 

プロペシアの中に含まれている成分が直接的な原因となり精神的な病気を呼び起こしているのではなく、初期脱毛によるショックが引き金となっているようです。

 

プロペシアを服用すると個人差がありますが初期脱毛が引き起こされることがあり、服用してから数日間から10日間程度にかけて一気に抜け毛が増えます。

 

この現象は好転反応なのでヘアサイクルが元の正常な状態に戻っていることを示唆しているものの、プロペシアの副作用だと勘違いした方はショックを受けてストレスが溜まり、精神的な病気を患ってしまうのかもしれません。

 

医薬品に関しての知識が何もない方はこういった勘違いをしやすいので、正しい知識を得るためにも医師のアドバイスを受けながらプロペシアを服用して薄毛の治療を行うようにしてください。


 

「プロペシアと病気」に関するページ